トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

愛媛FC戦まで後2日、スポパにトリニータ練習見学

 ロアッソ熊本戦に初勝利、5試合で3勝2敗・勝ち点9、出足は順調。
 
 J2リーグは22チーム、2回戦総当たり42試合、試合数が多いが出足でつまずき上位と勝ち点差が開くとなかなか追いつけない特に、今年のJ2は力が均衡しているので連勝するのは難しい、監督が目指す勝ち点45をクリアーするためには下位チームから確実に勝ち点を奪うこと、そのためには愛媛戦絶対勝利が必要だ。


 監督の目指すサッカー、GKからボールを繋ぐサッカー・ビルドアップ、GKからDFがボール受け、ボールを回しながらゲームを組み立てボールを前に運んで行く、パス精度、前との意思疎通がなければ前にボールは運べず、GKにバックパスまた、組み立て直す、横パス等多発すれば相手に追い回されピンチが続く。


 これから何試合ハラハラドキドキするかしかし、試合毎に悪い部分が修正されピンチも少なくなってきているのでもう少しの辛抱か。


 今日の練習でどこが、どのように修正されるのか、練習開始は30分遅れの10時30分。


スポーツ公園に少し早く着いたので公園内を散策、トリの名前は不明。

タンポポ・後少し風に吹かれていずこへ。

タンポポの花。

白爪草とピーピー豆の花。

柊モクセイもう少しで花が。

山桃の花もう少しで。いつもの通りピッチへ一番・姫野選手。

選手、監督等ピッチへ。

ランニングで練習開始。

ボールを使ってトラップ練習。

川西、ボールのため、足捌き上手い。

岸田、後ろ向きソンス。

姫野、早く先発。

古手川、目に見えない落ち着いたプレーイ。家内、一押しの怜、林と。

GK,修行が怪我のため文理大からGK、

鈴木淳、林、古手川、翼、山口。前田、早く試合に。

黒木、川西、岸田、ソンス。

絶好調、黒木、後ろ姿三平。

ボールを使って。

攻撃練習。守備陣、センタリング・クロスの、攻撃陣。攻撃陣。中盤の選手。

 選手が登場しさあ練習をと、すると広報から大変申し分けないが紅白戦を非公開にしたいと、先週熊本戦の時と同じこと、非公開にする意義はわかるがなんで同じことをするのか、監督と打ち合わせをすれば当然わかること、今日も時間を割いて遠く1時間以上かけて練習を見学に来ているのに。


 名古屋から来た2人の少年はサッカーボールを持ってサインをと。


 10時30分に練習を開始し、11時に所払い・・・残念僅か30分。


 広報と話をし、今後このようなことがないように。


 勝つのは勿論大事だが、練習を真剣に見学するサポも大事にしなければ。


 練習では、川西・黒木・国分・怜・岸田・林・前田の動きが良い、全員監督の指示に従い元気よく動く、愛媛FC戦負ける要素がない。


 が、ハラハラドキドキ何回するか、でも勝てばよし。


 勝って、祝杯を挙げ今日の不満を忘れよう。


 勝利の歌「大分よりの使者」


   一緒に闘おうぜ  誇りと夢を抱いて   僕らは僕たちは  大分トリニータ


   必ず勝利する   最強のチームなんだ  最高で最愛の   大分トリニータ


   ラララーラ・・・・・


 


 


 


 


 


 


 


 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。