トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

残念ホーム連勝ならず徳島に0:1で惜敗それとも完敗。

 ホーム連勝をと願っていたが、徳島ヴォルティスに悔しい敗戦。


 立ち上がり10分でこれは勝てないかなと。


 待ってボールを受けるか、動きながらボールを受けるかまた、こぼれ球に対し一歩前に足を出すか、正確にパスを出すか・回すか、ルーズボールを拾えるか拾えないか今日の試合の全て。


 全て徳島に劣っていた。


 前半は相手にボールを支配され、早いパス回しに翻弄されなにもできない、時折カウンターのチャンスがあり、ゴールに迫るも決定力不足、ふかすばかり。


 前半30分ゴール前の混戦でこぼれ球を徳島のFW・渡にゴールを奪われ0:1に。


 後半に入り互角とは言えないがそれなりの戦い。


 後藤に替わり国分を投入、やっとシャドーの動きのできる選手が入り、互角以上の戦いに。


 チャンスも増え、これはもしかしたらと思ったが相変わらずの決定力不足。
 
 川西の落ち着いたプレー、ボールタッチの上手さ。


 ATタイム3分、むなしく過ぎ0:1で敗戦。


 しかし、今日の敗戦は悲観することはない、やろうとするサッカーの戦術は全員に浸透している、サブメンバーの力も十分、今後の試合が楽しみだ。


 しかし悔しい敗戦で、やけ酒。


試合開始を待つピッチ。


今日のニータン。

大分高校の書、今年のスローガン・初志貫徹。

トリニータ・スピードクジ特賞の怜のアウエイユニ、クジを引いたがはずれ。試合前の練習風景。

選手紹介・家内一押しの松本怜。

ゴール裏のサポ。

大分銀行ドーム恒例のビックフラッグ。

試合開始前の選手挨拶。

試合風景。

徳島のコーナキック。

試合終了0:1で徳島勝利。

試合終了後選手同士挨拶。

徳島勝利の凱歌。

トリ戦士ゴール裏へ。

敗戦を背に大銀ボームを後にするトリサポ及び観戦者。

 今日の観客数は7,200人弱、土曜日で県内いろんな行事がありやむ得ないか、前の試合ホームで勝っているのでもう少し多いかと思っていたが仕方がない。


 余談になるが試合前ゴール裏に市議会議員の高松大先生が登場、言葉を交わし握手・写真撮影、議員として頑張ってほしい。


 26日(日曜日)は、アウエイ・ロアッソ熊本戦。


 今日の敗戦の原因をしっかり追求し修正し、しっかり大分魂で戦ってほしい。


 熊本戦は現地に参戦するので勝ったら、帰りに大津町の橋本で馬刺しとたてがみを買い、帰ってビール・ワインをおいしく飲む。


 頑張れトリニータ。


 


 
 
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。