トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

ホーム連勝なるか徳島ヴェルティク戦を前にスポパへ

 今日のスポーツ公園は、時折日が差し、風もなく穏やかで最高の練習観戦日、平日にもかかわらず、老人から若人まで大勢のサポがスポパへ。
 
 レノファ山口に勝利し気分良く毎日を過ごしていますが、もう後2日で徳島ヴェルティクとの試合、徳島の試合をDAZNで視聴しましたが、連動性、攻撃力も有りトリニータに取ってかなり厳しい試合になるかと。


 今年は大きな怪我もなく、これまで順調に来ていたが、長崎との練習試合、清本選手が膝に大怪我をし全治8ヶ月、焦らずしっかり直して元気に復帰してほしい。


 練習開始はミーティングがあり30分遅れ。


大分銀行ドームの案内図。

選手の駐車場。

穏やかな練習場。

練習開始。

ボールタッチの練習。

ゴールキーパー陣。鳥かご練習。鳥かご練習。

古手川選手。

三平選手。守備陣の練習。守備陣の練習。攻撃陣の練習。攻撃陣の練習。

 先に記述したが、徳島は手強いチーム、でも今日の練習を見てそんな心配を吹きとばすように、監督、選手一丸となって練習に取り組んでいる。


 全ての選手が声を出し、ポジション等何度も確認していた。


 恒例の紅白戦が行われたが、紅白戦についてはFCとも申し合わせで記載しない。


 徳島はおそらく3:5:2のシステム、大分は3:4:2:1。


 ロングボールを大分のスリーバックの後ろに放り込み、サイドの選手を走らせてくると思う、大分も同じようにロングボールと繋ぐサッカーを多用していくと相手のDFが弱いので勝機は十分。


 3節が終わって勝ち点は同じ6、なんとしてでも勝ちたい相手。


 18日は勝利を信じてしら真剣応援する、18日が待ち遠しい。


 勝って「大分よりの使者」を歌いたい。


 頑張れトリニータ。


 


 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。