トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

トリニータ始動開始一週間・スポーツ公園に練習見学

 ここ数日、風邪気味で体調不良、ようやく風邪もどこかに飛んでいき体調も戻ったので久々にスポーツ公園に練習見学。


 クラブハウスに隣接する人工芝グランドでは、高校サッカーの新人戦が行われており父兄等関係者が大勢試合見学。


 顔なじみのトリサポと、市会議員に立候補予定の高松の話等で盛り上がっていると、約15分遅れで姫野選手がグランド一番乗り、今年もやる気十分、頑張ってほしい。


 その後監督、コーチ、選手がグランドに、練習開始。


 今年のJリーグ使用ボール。

天然芝の状態が良く最高のピッチ。監督、選手グランドに。(川西選手と吉村ヘッド・どんな話かな)

選手各々、ストレッチ。天気も良く選手も、のびのび。練習に取り組むGK3人衆+吉坂コーチ

短距離走・1本の後、余裕。短距離走・2本の後、きつい。短距離走・3本の後、苦しい。選手を入れ替えての実践練習前、監督の指示。気合い十分、怪我の無いように。ベテランも真剣。ボールを追いかける真剣なまなざし。  

 久々の実践練習の見学、スピード、ボール捌き、新旧の選手が一つになって真剣に取り組む姿勢、いい雰囲気、楽しみだ。


 自分の頭の中で、選手を思い浮かべポジション毎に予想し、今年のポジション争いは例年に無く厳しいと思う。


 ポジション争いを勝ち抜くためには、練習への取り組む姿勢、監督の意図する作戦の理解度等で決まると思うみんな頑張ってほしい。


 これからの練習試合等で、システム、選手同士の組み合わせ等で絞られていく、選手に取って厳しい時がくる。


 一番大事な時期怪我が一番心配、怪我の無いように。


 自分のために、トリニータのために。


 
  
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。