トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

トリニータ、2017シーズン始動

 待ちに待った合同練習開始日、早めに自宅を出てスポーツ公園に。


 スポーツ公園では高校サッカーが行われており、駐車場は混雑、車を止めて練習場に着くと大勢のサポが、なじみのサポも大勢来ており、遅い新年の挨拶。


 移籍情報、今年の成績・順位、高松の市会議員出馬等で話は盛り上がる。


 10時練習開始であったが、細かい打ち合わせ等があったのかグランドに現れたのは10時半過ぎ。


 練習には選手31人全員参加。


寒風の中、300人近いサポが、期待が大きい。

サポータズクラブの

横断幕(1)横断幕(2)J2に昇格し期待も大きいのか、報道陣多い。練習開始前一列に整列し、サポの前で監督が挨拶。(昨年のお礼、今シーズンの抱負)全体でランニング、三平が先頭。GK練習、高木と修行、上福元、誰が正キーパに。古手川・5シーズンぶり、期待が大きい。川西、まさか大分に来るとは、10得点を期待、真剣応援するぞ。武内も大分に。統率力に期待。


  

 今年はいい補強をしたと思う、各ポジションで個性の強い戦える選手を上手く補強できた。


 監督の思うシステム、戦術で、個人の能力を上手く引き出せばJ2、中位で十分に戦えると思う。


 できるだけ練習場に足を運び、選手が一年間怪我無く、戦えることを祈ろう。


 昨日(14日)は、シーズンパス早期購入得点で新加入選手発表に参加、成尾Jリーグ大分担当アナウンサーの司会で開始、西山強化部長が選手の守備位置、特徴等を紹介。


 新加入選手の自己紹介、今年一年の抱負を書いた色紙の抽選会(ジャンケン大会)。
   
 時間の都合で質問は2問で終了し閉会。


 選手退場の際、トリニータコールで。
 
新加入選手12名

  終了後、出口で新加入選手とハイタッチ、男前が多い。  

 今年の新加入選手は、それなりに大物選手いて期待が大きい。


 怪我をせず頑張って、大分のために働いてほしい。


 今回の企画は初めてであったが、楽しめたので継続してほしい。


 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。