トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

我が家の手作り応援フラッグ

 2016年、J3シーズンも勝ち点61、19勝7敗4分け、得点50、失点24で
J3優勝、J2昇格を勝ち取り、最高のシーズンを終えた。


 私もおかげで、ホーム戦全て参戦、アウェイも鹿児島、鳥取戦に、この年で元気でいられるのも、トリニータがあるからこそ、感謝・感謝。


 応援フラッグは、毎年作成しています。その年に応じたものを1枚、選手のものを2枚。
 
 この1枚は、J3に降格し1年でJ2に復帰してほしいとの願いを込め作成。
 片野坂監督の元、チーム一つになりその願いを叶えてくれました。

 家内、一推しの松本怜選手 「 MF・7 」

北海道出身、誕生日1988年2月25日、身長175cm、体重67kg・血液型0型。


2013年、横浜FMから大分に。50m・5.8秒の駿足で左サイドを上下するスピードは圧巻。


2016年、シーグ戦・26試合出場・1得点、天皇杯・3試合出場。


3月13日のアウェイ鹿児島戦、左サイドから右サイドに流れシュート、ゴールマウスに吸い込まれ値千金のゴール1:0で勝利、2017年も他バージョンで。

私、一推し岩田智輝選手 「 SB・29 」

大分県出身、誕生日1997年4月7日、身長176cm・体重70kg・血液型B型、


19歳にして体感の強さはもとより、J1経験者にも臆することなく戦う気持ちはピカイチ、今年一番の成長株。Uー19日本代表、日本優勝に貢献。


2015年、2種登録・天皇杯出場、2016年、リーグ戦26試合出場・1得点、天皇杯1試合出場。


鳥取とのリーグ最終戦、右サイド40mをドリブルで駆け上がり、ゴール左隅に試合を決定をづける得点4:2で勝利、来年も岩田で。

トリニータは生活の一部、いい年をしてと思うかもしれないが、トリニータがあるから元気でいられる、元気でいるためにも応援をし続ける。

有り難いものだ。


J2での戦いは厳しいと思うが、楽しみの方が大きい、3月開幕が待ち遠しい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。