トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

後藤の技ありボレーシュートが決勝点に 難敵岡山に完勝

第  28 節  大分トリニータ  VS   ファジアーノ岡山
試合結果  「4:1」大分トリニータ勝利
得  点  者     大分:FW27・三平、FW9・後藤2得点、FW38・馬場    岡山:仲間

勝利し大喜びする大分の選手とトリサポ。   敗戦、岡山のサポーターと選手の心境は。

        

試合会場:大分市・大分銀行ドーム。

本日の入場者数「11,064人」。
 15,000人の集客をと多くのイベントを企画したが、入場者数は予定人数を大きく下回り企画倒れ、全てにまとまりがなく何がメインか残念な結果に。
 原因を究明、次につなげてほしい。

イベントに余り関心がないのか、素通りする観客が。

        

中村慎吾のライブ。             竹内力のパフォーマンス。 

        

自衛隊音楽演奏、トリニータの勝利を願ってアレオトリニータの演奏を。

試合前の両チームの練習。

トリニータコールで選手を迎える。     勝利の女神、今日も選手を鼓舞して。

     

「OFUROに行こう」のオリジナルタオルで。

試合開始前、両チームの選手円陣「今日も勝つぞ」と。

先発メンバー、岡山の「増田」「伊藤」は元大分の選手。

岡山の応援団:集中豪雨で甚大な災害を受けたにも関わらず大分に大勢の応援団が。

前半、大分のスローイング。

後半、那須川のクロスに三平が合わせ先制点「1:0」大分リード、岡山・仲間のゴールで「1:1」の同点に。

   

後藤のゴールで勝ち越し、後藤の本日2点目のゴールで「3:1」とリードを広げる。

  

馬場のダメ押しゴールで「4:1」と勝利を決定づける。

ロスタイム4分、勝利を確信しトリニータ勝利の歌を。

   

試合終了。

 岡山県真備町・集中豪雨で甚大な被害を受け、今も仮設住宅での生活を強いられている人が大勢、それを受け選手が「がんばれ岡山」のティシャツを着て義援金等のお礼にスタンドに向かって一礼。

勝利を喜ぶ大勢のトリサポ、これで3連勝。

  

ホームでの勝利に、大喜びするゴール裏のトリサポと選手。

三平がリードし、色んなパホーマンスをする選手。

      

 両チーム、前半はお互い拮抗した試合運び、今日も岡山の堅い守りを崩せないかなと。


 後半に入り決定的なチャンスもクロスバー・ゴールポストに嫌われどうなるのかと思っていると、左サイド那須川のクロスに三平が合わせ先制点「1:0」とリード。


 相手にゴールを奪われ「1:1」の同点、まずいなと思っていると監督の選手交代がうまくはまりゴールラッシュ、残り時間約10分間に3点を奪う、最後は相手のパワープレイでの攻撃をしっかり守り切り「4:1」と完勝。


 これで勝ち点も50、暫定ではあるが2位。


 常に上位にいることが大事。


 次の相手は東京V、お互い上を狙っているチーム、相手の戦術等しっかり分析しうまく対策を講じ試合に臨んでほしい。


 早朝、片島神社に勝利の報告と次の試合のお願いに。


 頑張れトリニータ。


 最後まで  お付き合いいただき  感謝。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。