トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

3連敗 順位も3位に後退 栃木SCとの一戦どう戦う 

 前節の大宮アルディージャ戦、PK一本で仕留められ3連敗、順位も3位に後退、やっとDF・福森が戦列に復帰したかと思えば、今度はDF・刀根が全治8か月の大怪我、DF陣はどうなるのか、それでなくても今シーズンは失点が多いのに。


 監督も頭の痛いところだが、出場機会の少ない選手にはチャンスが、しっかり代役を果たしチャンスをものにしてほしい。


 今日の大分市、朝から太陽の陽射しが強く暑いのなんの、ベランダで飼育しているメダカも暑さに負けたのか少し元気がない、簾をかけ暑さ対策はしているが。


 昨日(18日)の練習開始時間は9時、選手の体調等考慮し練習時間を早めたのか、練習時間は1時間30分、涼しい時間帯で効率的に行ったほうが成果は上がると思う。


 選手は監督・コーチの指示で黙々と練習に取り組んでいるが、あまり覇気を感じられない、3連敗したのがが大きいのか、これを打破するのは選手自身。


 大宮戦で多くの課題が、同じ轍を踏まないためにも原因を追究し、しっかり修正してほしい。




練習風景等画像を少々。


大分スポーツクラブグランド、午前9時少し前に選手は練習グランドへ。

練習の開始は常にランニングから。

体幹とバランスを強化。

ゴールキーパ陣。

3組に分かれてのミニゲーム。

栃木戦を想定してか、ボードを使って。

暑い中座り込んで監督の話に耳を傾ける修行、この後実戦形式の練習。

練習が終了したのが10時35分、コナーフラッグを片付ける吉村ヘッドコーチ。

 後半戦連敗、勝ち星なしで順位も3位に後退、第23節終了時点で1位・松本の勝ち点が41、3位・大分の勝ち点が40、6位・横浜FCの勝ち点が39、7位の大宮の勝ち点が38と大混戦。


 試合毎の勝ち負けで順位が大きく入れ替わる、プレーオフ圏内の6位以内が目標の大分今節の栃木戦は、今後を左右する大事な試合、しっかり勝ちきり上位の順位を守ってほしい。


 あとは監督、監督の采配次第。


 頑張れトリニータ。


 最後まで  お付き合いいただき 感謝。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。