トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

九州対決 ロアッソ熊本戦まであと3日 スポーツ公園へ

 今日の大分市は朝から小雨がぱらつき不安定な天気、大した雨でもないのでスポーツ公園へ練習見学にと自宅を出発、10時少し前に公園内のB駐車場に到着すると突然激しい雨が、困ったなとしばらく車の中で様子を見ていると小降りになったので練習場へ。


 練習場に着くとすでに練習は始まっており、選手はびしょ濡れでパス回し等に取り組んでいる、前節甲府戦で痛いパスミスから大敗を喫したので早速パス等の修正をしながらの練習。


 雨でコンデションが悪い中、懸命に練習に取り組む選手、怪我をしなければよいが。


 それにしても甲府戦は余りのも不甲斐なかった、試合で出た課題をしっかり修正してほしい。


練習風景等画像を。  
今日の大分市(自宅から大分駅方面を・前に緑地帯が見えるのは大分川)

雨に濡れた体でパスを。

全員でボール回し。

甲府戦守り崩壊・6失点、GK高木・練習に取り組む目つきが違う。

GK陣。

最近不調の藤本、練習試合ではゴール量産、熊本戦はベンチ入りか。

給水タイム。

他の選手のシュート練習を見つめる選手。

シュート練習でゴールが決まらず頭を抱える後藤。

4組に分かれてのオールアウト、監督の指示が。

青 対 白。

黄 対 赤。

青 対 赤

黄 対 白。

少し早いが、予定があったので練習場を後に。

 練習では、甲府戦の大敗を引きずることなく全員声を出し合い、連携等確認し順調な仕上がり。


 今節対戦する熊本はここまで6勝2分け8敗・勝ち点20、順位は16位、得点は23で失点が31と低迷している。


 しかし、熊本とは隣県同士の一戦・大勢のサポータが押し寄せてくる、選手はサポータの期待に応えようと実力以上の力を発揮してくる、油断は禁物。


 注意する選手は7得点を上げているFW11・皆川、6得点のFW9・アン、MF14・田中、元全日本のFW18・巻、中でも特に注意する選手はアン、前線で執拗なプレスをかけてくる。


 厳しい試合が続くが連敗だけは避けてほしい。


 まだ順位云々の話は早いが、目標達成のためには常に自力でなんとかなる位置にいてほしい。


 
 熊本戦は、全員に頑張ってほしいので


  「 大分のために  力の限り闘え  勝利を信じて  俺たちと共に 」


  頑張れトリニータ。


  最後まで お付き合いいただき 感謝。


  
 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。