トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

 好調ファジアーノ岡山戦 監督の戦術は スポパへ

 前節の山形戦、片野坂監督はシステムを変更、メンバー数名を入れ替え試合に臨んだがシステム、連携等がうまく機能せず、負けてもおかしくない試合だったが、相手に助けられ何とか引き分け。


 今季2試合を消化、1勝1分け、勝ち点4 順位は5位、まだまだ先は長いが目標達成のためには出足が肝心、躓いたら苦しくなる。


 今節の岡山戦に向けての、監督の戦術、選手の動きは、スポーツ公園へ練習見学に。


 今日(7日)の練習場は風が冷たく肌寒かったが、それでも大勢のトリサポが熱心に練習を見学。


練習風景等の画像を。
大分スポーツクラブ練習場、準備万端。

山形戦で得点したMF7・松本怜(右)とFW9・後藤。
後藤・・・怜さんすみません、いいパスを貰ったのに決められず。
  怜 ・・・いいよ、今度決めてくれれば。     いい雰囲気。

怜、シーズン開幕戦は得点できなかったがホーム開幕戦で得点。

後藤、2試合で3得点は素晴らしい、守備も完璧。

練習開始、ランニングから。

先頭は常に姫野と福森、全員いい顔をしている。

真剣に。

吉坂コーチの指導を受け。

監督から。

川西、絶好調。

練習終了。

 練習では、監督・コーチの指示に従い動きも的確、選手もお互い声を掛け合い順調、このまま進んでほしい。


 今節対戦する岡山は松本、徳島に連勝、4得点を挙げ無失点、チームのバランスは素晴らしい。


 システムは3:4:3か3:5:2。


 選手はMF14・上田が復帰しチームを引っ張る、上田も得意のFKで得点を挙げている、大分は自陣で不用意なファールを与えることだけは避けてほしい。


 元大分に在籍していたMF15・末吉、FW7・伊藤も健在、FW24・赤嶺も好調、赤嶺のマークはきっちりと。


 好調岡山に勝利すれば波に乗れる大事な試合、岡山も同じ気持ちで来る、大分は第1、2節の試合での課題をしっかり修正し、強い気持ちで試合に臨んでほしい。


 何はともあれ勝つことが大事、勝ってほしい。


 がんばれトリニータ。


 最後までお付き合いいただき感謝。


 



スポーツ公園内に咲いている「馬酔木」の花。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。