トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

ホーム初戦 モンテディオ山形戦どう戦う スポパへ

 今シーズンの初戦はアウェイでの栃木SC戦、「4:2」で勝利し勝ち点3をゲット、幸先いいスタートを切ったトリニータ、ホーム初戦はモンテディオ山形を迎えての一戦、ホームで勝利し波に。


 山形戦を前に選手個々の状態、先発メンバーが気になるのでスポーツ公園へ。


 今日のスポーツ公園、太陽の光を燦燦と浴び気温も高く普段ならサッカー観戦日和だが、残念なことに風が強く春何番か知らないが、時折突風が吹き突風に帽子も何もかも飛ばされる。


 それでも選手は風をもろともせず練習に没頭、初戦栃木戦に勝った勢いか選手全員明るい、お互い声を掛け合いスムーズに楽しく練習を。



画像を少々。
練習開始前の選手、思い思いに。 

栃木戦2ゴールしたFW9・後藤、開幕戦2ゴールした自信か練習に打ち込む姿勢も素晴らしい。
J2得点王も夢ではない。

同じく栃木戦1ゴールを決めたFW10・藤本、移籍後J2初戦での初ゴール・何か持っているのかな、足元もうまくコンスタントに点が取れそう。

スーパーサブのFW・18 伊佐。
途中出場をもろともせず1ゴール、強心臓は抜群、信頼度大。

GK31・高木、影の活躍者。
ビックセーブを多発、試合の流れを読み、緩急をつけた攻撃、トリニータの守護神。

練習開始、10時。
監督からの訓示。

熾烈なポジション争い、練習にも熱が入る。

お互い声を掛け合い。

時には笑顔で。

GK陣の練習。

GK・高木、疲れました。

風のいたずら、ボールが。

風によりボールが散乱。

 栃木戦を振り返って。


 FW陣は、ワントップに藤本・シャドーに三平と後藤、サブに伊佐この4人で回していけば強力FW、申し分なし。


 MF陣、SHに星と怜、ボランチに丸谷と宮阪、相手が激しくプレスをかけてくると宮阪の守備がどうか、丸谷と川西では。


 DF陣、両SBが福森と竹内、CBが鈴木、CBは竹内の方が、それとも思い切ってCBに刀根を、素人なりに感じたことを。


 ホーム初戦、大分県佐伯市出身の俳優「竹内力」がゲストで参戦。


 昨シーズンはホームであまり勝てなかった、今シーズンはホームでしっかり勝って観客を喜ばしてほしい。


 ホームで勝つと観客も増える。


 私と家内は、今シーズンもホーム皆勤賞で。


 


 昨シーズホーム初戦でゴールした後藤、今シーズンも期待して。



  「 後藤優介 俺たちのゴレアドル 後藤優介 奪えウルトラゴール 」


 
  最後までお付き合いいただき感謝。


 


 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。