トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

2018年 大分トリニータ 選手の移籍情報は

 早いもので年が明けたと思っていたらもう1月5日、前日の4日は官公庁をはじめほとんどの企業が仕事始め、私も1日遅れで仕事(ブログ作成)はじめ。


 年が明けても貴乃花の話題が新聞紙面をにぎわし、経済では株価の高騰等この1年、日本国は、企業は、国民はどんな年になるのか。


 借金王国日本、国民1人あたりの借金が近いうちに1千万円に、それでも安倍総理、外国にぽんぽんと金をばらまく、いかがなものか。


 大分FCも今年度人件費を1億円上乗せし、予算総額11億円に、2018年はどんなチームを作り、チームの立ち位置をどこに求めるのか。


 1月5日現在大分トリニータの移籍情報は。


 引   退   1名  山口。
 契約非更新   3名  山岸・シキーニョ・大津。
 移   籍   4名  黒木・坂井・常田・吉平・鈴木(惇)
 新   加    入   8名  刀根・名須川・宮阪・藤本・星・馬場・丸谷・江頭
 契約更新選手 19名  清本・国分・小手川・姫野・黄・川西・後藤・林・修行・高     
             木・ムン・岩田・福森・竹内・岸田・三平・鈴木(義)…伊  
             佐・怜。
 未 更 新   3名  上福元、前田、佐藤。
       (期限付きの名称は省略、選手の名前等に抜けがあった場合はご勘弁を)


 以上が契約・移籍状況であるが、トリニータの支配下選手は概ね30人から35人、契約更新、加入選手合計で27名、未更新の選手3名を含めても30名、後2人から3人の補強があるのでは。


 あるとすればCBに高さのある選手1名、FWにはコンスタントに点の取れる選手1名を補強してほしい。


 今年の補強はJ2で試合にそこそこ出場していた選手を主に手堅く、J1から丸谷、J3から藤本と可能性のある選手を補強。


 残念なのは新卒の選手が一人もいないこと何故、大分に加入しても現状試合に出してもらえる可能性は皆無と思っているのか、育成を掲げるチームとしては寂しい。


 J2の年間試合数は42試合、もっとメリハリをつけて試合に臨めば加入する選手も増えるのでは。


昨シーズンのスタジアムグルメの風景。  

 今年の始動は13日(土曜日)、別府市亀川の内竈神社で必勝祈願、大分市で新加入選手の発表会が行われる。


 その後、合同練習が始まりキャンプ等を実施し、2月25日のJ2リーグ開幕に標準をあわせる。


 トリニータの選手はオフをどのように過ごしたか、きっちり走り込み体感を鍛えた選手は活躍できるが、そうでない選手は来年の今頃、憂き目をみることになる。


 トリニータの選手には頑張ってほしい。


 私も明日からスポーツ公園で自主トレに頑張っている選手の応援に足を運ぶ。


 今日も訪問ありがとうございました。   

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。