トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

大相撲 横綱・日馬富士 傷害事件で引退

 横綱・日馬富士が同郷モンゴル出身力士、貴ノ岩を酒席で暴行し引退。



 相撲は国技ではないが一般的には国技扱い、日本古来の伝統ある競技、横綱が巡業中に本場所で取り組みのある力士に酒席で暴力を振るう。


 何故暴力を振るったのか、鳥取城北高校相撲部のOB会の集まりに関係のないモンゴル出身の横綱3人が出席したのか。


 なで、どのようにして誰の計らいで出席に至ったのか。


 モンゴル出身力士同士の酒席なら貴乃花親方は貴ノ岩を出席させなかったと思う。



 日馬富士の引退会見で、貴乃花部屋の貴ノ岩に弟弟子とし礼儀・礼節がなっていないので先輩として教育を施し立派な力士になってほしいから、暴力行為を行った。


 貴乃花部屋の指導について、他の部屋の力士が言う言葉か、貴乃花部屋を侮辱している。


 暴力行為に至った理由にしては苦しい言い訳、日馬富士も悔いが残ると思う。



 また、28日には今回の傷害事件を受け十両以上の力士約60人を招集、八角理事長が講話、その席で力士2名が貴乃花巡業部長が巡業に帯同するなら巡業に行きたくないと、八角理事長はその言葉をどう受け止めたか。


 この言葉こそが今の相撲協会の内情、組織、各部屋が如何に統制されていないのか、常識では考えられない一言、一般の会社では「主任クラス」が「社長」に厳しい「営業部長」と一緒には出張に行きたくありませんと申し出たら普通は理由を正し、正当な理由がなければ退職をさせられる、言った本人も組織人して会社には残れない。


 この一言が問題にならない相撲協会。



 
 今回の日馬富士の傷害事件、貴乃花親方が警察に被害届けを出さず相撲協会に報告していたら、暗黙のうちに協会内で処理されていた可能性は十分。


 相撲部屋の親方として、大事な人の子を預かり我が子同然に育てている愛弟子に、暴力を振るわれ頭に傷を負い、打ち所が悪かったら後遺症も残る、被害届は当たり前のこと。


 下手をすれば力士生命をたたれる、補償問題等考慮しても貴乃花親方の今回事件に対する行動は正しかったと思う。


 今後は、このまま事件を終わらせることなく酒席で貴ノ岩に暴力を振るう日馬富士をなでもっと早く横綱の白鵬、鶴竜が止めなかったのか、OB会の集まりにモンゴル出身の横綱3人が何故出席したか、暴力事件の根元となる部分の解明が求められる。


 曖昧な幕引きだけはさけてほしい。


 暴力行為を行った日馬富士は悪いが、日馬富士も犠牲者の一人かもとふと思う。


 引退と言う残念な結果になったが、日馬富士の今後の活躍をお祈りしたい。




    「暴力を なくす予定が 横綱に」   残念。
 


 



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。