トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

 我が家の 応援ゲートフラッグ 2017バージョン

 2017・J2リーグも11月19日をもって終了、湘南ベルマーレが優勝、J1へは湘南ベルマーレ、2位のV・ファレン長崎2チーム自動昇格、残る一枠は3位から6位の4チームによるプレーオフで決定。


 プレーオフ出場チームは名古屋グランパス、アビスパ福岡、東京V、ジェフユナイテット千葉の4チーム。


 準決勝は11月26日、「名古屋 対 千 葉」「福 岡 対 東京V」勝者が12月3日、決勝でJ1昇格をかけて闘う。


 私の予想では千葉かな、大分に取って来期のことを思う天敵・千葉が昇格した方が。


 残念ながら我がトリニータ、6位の千葉に勝ち点4及ばず9位、今思えば5~6試合は勝てる試合があったと、ほんとに残念。


 J1昇格は来期の楽しみにし、今シーズン応援に使ったゲーフラを。


「大分トリニータ」のゲーフラ、練習開始時に掲げる。
「☆」は2008年にナビスコカップ優勝。
12番はサポーター。


「勝つぞ」選手がピッチで苦しいときに掲げ鼓舞する。
別府から応援に来る、Hさんに掲げてもらった。 


「川西翔太」 いつも私が掲げるゲーフラ。
背番号:48  ポジション:FW  奈良県出身
今シーズンの成績
出場試合数:37試合  出場時間:2,876時間  得点:2得点


 主にボランチとして出場、危機を察知するや縦横無尽にピッチを駆け回り攻守で局面を打開、正確なパス、ゲームメイクはすばらしい。
 川西がいなかったらここまで成績を残せたか。

「松本 怜」 いつも家内が掲げるゲーフラ。
背番号:7 ポジション:MF  北海道出身
今シーズンの成績
出場試合数:31 出場時間:2,473時間 得点:3得点 天皇杯1試合25分出場


 主に右のサイドハーフで出場、50メートル5.8秒の駿足を活かしサイドを駆け上がるセンタリング、クロスをあげ得点のチャンスをお膳立て、自分もドリブルで中に切り込み斜め45度からのシュートでゴールを。

 今シーズンはゲートフラッグを作成し掲げた選手が、怪我もなく活躍したことは大変喜ばしい。


 ゲーフラを作成し、片島神社でお願いをしたのが効いたのかもしれない。


 シーズンを終了しこれからストーブリーグに突入、選手に取って一番イヤな時期、トリニータの選手の動向は。


 自分の意中の選手が残ってくれればいいが、こればかりはフロントが決めること。


 来シーズンもゲートフラッグを作成し応援をするが、川西翔太選手と松本怜選手がチームに残ることを一番に希望する。


 オファーが来ても大分に残ることを前提に川西、松本選手両名のゲーフラ作成準備に入ろうかなーと。


 最後までお付き合いありがとうございました。


 




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。