トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

今シーズン最大の山場 千葉との一戦を前にスポパへ

 リーグ戦も残すところ後4試合、第39節・28日はホームに天敵千葉を迎えての大事な一戦、いても立ってもいられずスポーツ公園に練習見学。


 久しぶりのスポーツ公園、少し肌寒いが秋晴れのいい天気、選手にとっても最高の練習日和、いい練習が出来ると思う。


 練習場へ最初に現れたのは姫野、調子がいいのか気合い十分、その後監督・コーチ・選手が続々と登場。


 選手もプレーオフ出場が掛かっているので適度の緊張感を持っての練習、全員動きがいい。
 
 特に前節調子の良かった伊佐選手、スピードのある動き・シュートのタイミング等絶好調、今節は得点を期待。


◎ 練習風景等画像を少々。


今日の練習は一部非公開「紅白戦」の為の旗をピッチ四隅に。

芝も冬用に衣替え最高のピッチ。 

練習開始前の監督・コーチ・選手。

全員で軽いランニング。

和気あいあいの中にも緊張感が。

GK陣、誰が試合に出ても心配なさそう。

攻撃陣のシュート練習、なかなかゴールマウスにボールが吸い込まれない。

守備陣、攻撃に対するポジション取りの練習。

公開練習終了、この後非公開で紅白戦が。

 残り4試合、プレーオフ出場に向けての順位確保に一番大事な試合が一番分の悪い千葉戦、千葉には前期第11節・アエウィで4:1で負け、相手の戦術、個人技翻弄されての完敗。


 千葉も勝ち点56で、他チームの今後の勝敗如何ではプレーオフ出場の可能性があるので必死に来ると思う、注意する選手は前期得点をあげた船山、清武、ラリベイ。


 特に注意する選手は元大分の13・為田、福岡に移籍したが出場機会を求めて千葉に期限付き移籍、移籍後千葉で2得点をあげ好調。


 清武、為田の恩返しゴールだけはご勘弁願いたい。


 戦歴では千葉が優位に思えるが勝負は時の運、今の大分は戦術の浸透、個のレベルの向上等でチーム力は数段上がっているし勝機は十分。


 千葉戦しっかり勝ちきってJ1への道をつなげてほしい。


 余談ですが今日、プロ野球のドラフト会議が実施され早実の清宮選手が7球団に指名され抽選の結果、北海道日本ハムファイターズが引き当てた。


 残り物には福があると言うが、今日の抽選会では残り物には福がなかった福岡ソフトバンクホークスの工藤監督が残ったクジを引いたが全てはずれだった。


 千葉戦まで後二日、天候は心配されるがドームでの試合、雨で濡れる心配がないので勝つことを信じて力一杯応援する。


 頑張る選手に勝利の褒美を。


 


 





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。