トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

岐阜戦 川西のゴールで引き分け 後半監督の采配は?

 大分トリニータ 対 FC岐阜の試合が始まる、守備陣形を見て片野坂監督システムを変更してきたなと、スリーバックからホーバックに。


 この采配がズバリ的中、相手にボールを持たせカウンター狙いが旨くはまる、大分の早い攻撃、後藤のシュートに相手たまらず自らのゴール・オウンゴールで「1:0」。


 その後も相手にボールを持たせ裏を狙う作戦、ズバリはまり自陣からのボールを三平が受け後藤に、後藤落ち着いてゴール右隅にGOAL「2:0」。


 前半は「2:0」で終了。


 今日は勝ったなと、これで順位も6位に上がるしプレーオフも夢ではないなーと。


 処が、そう旨くいかないのがサッカー。


 後半に入り選手交代、監督の判断ミスか・采配ミスか、システムの変更等で立て続けに3点も取られ逆転される、情けない。


 「2:3」で4分のロスタイム突入、あ~あ~今日は負けかと。


 ロスタイムに入り大分の動きが良くなる、鈴木惇からのセンタリングを川西が受けエリア内に突入、右足を振り抜くとゴール右隅に同点GOAL。


 その後、立て続けにチャンスはあったが得点できず空しい長い笛が。


 試合終了「3:3」引き分け。


試合風景等画像を少々。

今日のニータン、みどり牛乳の冠試合で乳牛に。 

妖怪ウオッチのエンジングテーマ「ようかい体操第1」等を歌う重本ことりさんが来場。
将来のトリニータサポと、歌と踊りを披露。

トリニータ決起集会、いまいち盛り上がりに欠ける。

岐阜の応援団、約100人のサポが、遠い所お疲れでした、お帰りの際は交通事故等十分に気を付けて。

試合開始前の両チームの練習。

本日のボールボーイ。
大分県立大分豊府高等学校のサッカー部の選手と思ったが違ったらご勘弁。

トリニータの勝利を願って、しら真剣応援するサポ、年は取っても自分もその一人。

前半、大分の攻撃。

前半終了、「2:0」で大分リード。

後半、岐阜の攻撃。

本日の来場者、7,121人、1試合平均9,000人が目標とか。

試合終了「3:3」の引き分け。

試合が終わりスタジアムを引き上げる観客、何となく元気がない、勝つと信じていたので。

 今日の試合、川西のゴールで何とか引き分け、首の皮一枚で何とか夢はつながったが、次の福岡戦で負けぞもしたら、夢破れ終焉を迎える。


 簡単にクロスを上げさせるDFの守備・自信の無いプレー、誰とは言わないが所かまわず出すパス・雑なプレー、決定力のなさ等上位を目指すのであればもう少しプレーの質を上げてほしい。


 川西の華麗なプレーを見習って。


 14日は福岡戦、ホームでの戦い片野坂監督が今日の試合での悪い部分の修正、良い部分をどれだけのばせるか監督の手腕に。


 今週も練習見学に出向き監督、選手の動向を拝見したいと思います。


 愛するトリニータ「後がない」何とか踏ん張ってほしい。


 頑張れトリニータ。


 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。