トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

東京ヴェルディ戦まで 後2日 今節はどう闘う

 前節の町田ゼルビア戦は、つまらないミスと決定力のなさで自滅し敗戦、今節は東京ヴェルディ戦、ヴェルディは第27節終了時点で勝ち点41・順位は11位、負けると順位が入れ替わる。


 今日の練習会場はお盆休みのせいか、普段みかけない観客の方が多い。


 私も、孫2人を連れて見学に。


 東京戦、前期は第2節アウェイで1:0で敗戦、システムも同じ3:4:3、今節も前期同様同じシステムなら厳しい戦いになる。


  なでなら一方的に攻められトリニータの良さがみられなかった試合、点差以上の力の差が。


 町田戦はGKを含め疲れのせいか調子の上がらない選手が数名、気合いの入ったフレッシュな選手を起用してほしい。


 これからの数試合の勝ち負けが、今シーズンの順位を大きく左右すると思われ、上位にとどまるためには絶対に負けられない一戦。


練習風景等画像を少々。


練習開始時間は9時。

練習場に一番乗り、姫野選手。 

ボールを準備するスタッフ。

練習開始前の選手、コーチ等。

全員でランニング。

怪我をしないように十分に準備。

前節出場停止の武内・気合いが入る。

気合い十分・練習にも力が入る。

GK、全員にチャンスが。

上福元、疲れのせいか体の切れが悪い、今節はサブでも。

給水タイム。
広報から、ここから非公開になりますとのこと、観戦者全員退却。

孫。
孫は3人、長男に2人、娘に1人。
2人とも小学6年生、来年は中学生、その後高校、大学と順調に成長し社会の一員として貢献してほしい。
ちなみにもう一人の孫は中学3年生で女の子。

 今日の練習では、相手がいないのに選手の距離感・動きが悪いのかシュートがことごとく決まらない、もっと緊張感を持って取り組まなくては。


 練習を見学している観客も心配そうにみている。


 しかし、試合は待ってくれない後2日、しっかり修正し試合に臨んでほしい。


 大銀ドーム、大観衆の前で勝利し、また試合を見に来たい・楽しかった・おもしろかった・トリニータが好きになったと感動を与える試合をしてほしい。


 大分の誇り、九州の誇りトリニータに勝利を。


 





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。