トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

横浜FC戦を前に スポーツ公園へ 練習見学

 横浜FC戦、前期第22節は2:2の引き分け、2:1で勝利目前勝ったな思った瞬間無駄なPKを献上、イバに2本目のPKをきめられ引き分け、あのときの気持ち何ともいえない虚しさ思いだすだけ、気分が悪い。


 今思えば試合内容がよかっただけによけい悔しかったと思う。


 今節も前期同様、相手はPKをもらいに来ると思う、同じ轍を踏まないでほしい。


 横浜の順位は4位・勝ち点41、大分は38勝てば勝ち点で並び上位にとどまる負けられない。


 練習会場、大分スポーツパーク・トリニータの選手は前節讃岐戦に7月初勝利、練習にも気合いが入る、相変わらず好調大津・動きのいい伊佐負けじとフル回転頼もしい。


 画像を少々。

 選手を待つピッチ、芝も痛んできた。  

 人工芝グランドではUー15の選手が練習。
 この中から将来トリニータを背負って立つ選手が育ってほしい、有望な選手が数名。

 練習開始前の選手とコーチ陣。

 本日、大分FCの公式で松本怜選手7月中旬、以前からお付き合いをしていた女性と入籍とのこと。
 おめでとうございます。     

 全員でストレッチ。

 本日の公式で 「ゴールキーパ」 新加入。
 氏名 ムン キョンゴン  22歳   身長 187cm 体重 82kg
 国籍・大韓民国

 特徴
 身体の能力の高さを活かしたセービングに加え、足下の技術の高さ。
 韓国代表歴  U-16   U-23
 期待が持てる。

 3組に分かれての実践練習。

 好調の大津、伊佐両選手。

 今年のJ2リーグは第25節終了時点で4位・横浜の勝ち点が41、16位山形の勝ち点が35、勝ち点6差の中に13チームが犇めいている。


 今後数試合の勝敗が順位を大きく左右する。


 トリニータ8月のリーグ戦5試合、ホーム2試合・アウェイ3試合、猛暑の中大変だと思う。


 監督の選手起用にかかる、上手く乗り切って上位に止まってほしい。


 勝利を信じて。


 台風が近づいている、大分をそれて被害がないことを祈っている。


 危険と思ったら避難は早めに。


 


 


 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。