トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

讃岐戦 絶好調・大津のGOALで 勝ち点3GET(2)

 日曜日、時間があったのでブログの投稿記事の管理をしていたら昨日(29日)1時間半もかけて作成し投稿した記事が、自分の不手際でどこかに飛んで行ってしまった・・・残念。


 投稿した(1)の記事が飛んでしまったので記憶を辿りながら(2)の記事を投稿しますあしからず。


 前半は互角の戦い0:0で、前半終了。


 後半、練習見学から調子の良かった大津耀誠、古手川に替わりピッチに。


 21歳の大津チャンスを無駄にできない、前のブログにも書いたが、昨年山崎コーチからポストプレーヤーとしてのボールの受け方・ボールの扱い、体の入れ方等毎日の様に指導を受けていた。


 前々節その結果を出し、前節は先発もあるのかなと思ったがサブメンバー止まり、試合に出ることの難しさ肌で感じたと思う。


 大津、今節どんな気持ちでピッチに立っのか、強い気持ちで立ったと思う。


 結果はすぐに、混戦の中ロングパスを胸でトラップ鈴木(惇)の前に、鈴木(惇)からの折り返しのパスをあわてることなくシュート、ゴールマウス右隅に吸い込まれゴール。
  
 大津・先制点、0:1。


 讃岐に攻め込まれピンチは幾度もあったが何とか守りきり0:1で勝利。


 天皇杯を含めて6試合ぶりの勝利。


 順位も暫定で8位。


 次節もアウェイで横浜FC戦、ここでも勝利しホーム2連戦に弾みをつけてほしい。


 讃岐戦の試合結果から、ボールに対しての反応の悪い選手が多々、ボールが来てあわてて動き出す、止まって待つので動き出しが遅い、取れるボールも取れない。


 ボールに対し後一歩が出ない選手。


 夏場、暑いので仕方ないと思うがこの違いが勝敗を左右する。


 写真はフォーマットしたので一枚もない、DAZNの見逃し配信でとってもいいが今回はその(2)なので我慢。


 ブログにいつもアクセスして頂き感謝しています、これからもよろしく。


 
 





 


 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。