トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

千葉戦 1:4で完敗 完全に力負け

 開始早々から千葉の素早い攻撃に一方的に攻められ防戦一方、選手の距離間等が悪くボールが取れない、守るだけで打開するアイデア・工夫も無い。


 何とも言えない試合内容にここまで力の差があるのかと、チーム力、個人技、闘う姿勢全てに劣っている。


 それでも何とか前半ゼロに抑えればと思ったが33分船山にゴールを決められ先制点を許す、これで今日のゲームは終わったなと案の定、後半開始早々清武に決められ失点。


 GKのポジショニングの悪さまた、前に飛び出す悪い癖、はたまたに相手にパスを危ない場面が多々、以前のコメントでは本人想定内のようだが、前の選手に与える心理的影響は大きいと思う。


 後半・怜が入ることによりチームが活性化、怜が持ち上がりゴール前にクロス、後藤がきっちり決めGOAL、今シーズン12得点目。


 その後ミスもあり相手に決められ試合は1:4で終了・・・完敗。


映像はDAZNから抜粋。

夜空がきれいなフクアリ。 

前半一方的な千葉の攻め。

前半終了。

前半戦の試合データー。

必死に応援するトリサポ、頭が下がる。

山岸に替わり怜・投入、後藤と綿密な打ち合わせ。

試合終了

大活躍の大分ユース出身の清武、今思えば大学卒業の時大分が取っていれば。

喜びを分かちあう千葉の選手・サポ。
DAZNでは試合終了後、大分のゴール裏映像なし。

本日の試合いデーター。
パス数・千葉のパスは大半が敵陣で、逆に大分は大半が自陣。

 監督は試合終了後、勝ち点3をプレゼント出来ず申し訳ないと、J2シーズン42試合、勝つときもあれば負けるときもある、プロである以上勝つことが望ましいが相手のあること難しい。


 観客は「勝ち点3」も大事だがそれ以上に、勝っても負けても感動と勇気をもらえる試合、見ていて楽しかった、負けても選手があれだけ頑張ったからまた来るぞと思う試合を望んでいる。


 前半戦終了、順位・9位、勝ち点・32、9勝5分け7敗、すばらしい成績。


 後半戦はおそらく前半戦より苦しい試合が続くと思うが、しっかり調整して試合に臨んでほしい。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。