トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

カマタマーレ讃岐戦・監督の采配は スポパへ

 横浜戦、何とも言えないPKで勝利を目前に痛い引き分け、Jリーグ審判の程度いかようなものか、大分はこれまで何試合審判に泣かされたか。


 5試合勝ちがなくすっきりしない毎日だが、後3日でホーム・カマタマーレ讃岐戦、讃岐は18節終了時点で順位は20位・2勝(湘南・金沢に勝利)7分け9敗、17得点・27失点。


 第6節、湘南戦に勝利後11試合勝ちがなく前節(18節)金沢戦で1:0で勝利しやっと両目が開いた。


 しかし、試合内容は決して悪くない守備も、攻撃も侮れない特に、7番・永田、11番・馬場、10番・高木、20番・原、金沢戦で得点した23番・西、西の恩返しゴールは勘弁願いたい。


 大分は選手全員声を出し気合い十分特に、前節復帰した古手川、怜、好調を維持している川西、山岸、三平、若手では大輔、姫野、前田、大津の動きが良く期待大である。


 ただ、今日の練習で主力2名が別メニュー、体調不良か自信喪失か、試合まで間に合うか。


 選手の起用、監督の意図するところはそれなりにわかるが、ミスが続き自信をなくしている選手を使い続けことで、メンタルの弱い選手はつぶれる可能性がある、プロだからプロでもメンタルの弱い人間は、プロスポーツの世界になんぼでもいる。


 練習風景の映像を。


練習開始前の選手、各々ストレッチ。

後藤、18試合で8得点。5試合で8得点?・13試合得点はなし?。
後藤頑張れ、

川西、色が白い・伊佐はひげが濃い。
川西はみんなが選ぶJ2ベストイレブンにMFで選ばれた。(鈴木惇も)

三平。
三平はJ2リーグみんなが選ぶベストゴール1番に選ばれ、ベストイレブンにも選ばれた。
さすが三平。

練習開始前監督の訓辞。
ユースの選手、多少緊張気味。

余裕で。

話がながいな~あ。

GK練習。

ミニゲーム。

ミニゲーム。

古手川・絶好調動きも軽い。

天気も良く気温が高いので給水タイム。

4対4のオールアウト。

5対5のオールアウト。
疲れがハンパない。

 練習場は環境も良く、サポも大勢押しかけるので選手も気合いが入ると思う、プロだから見られて何度、誰も見てくれなかったら・・・。


 明日も紅白戦は非公開、あさっては非公開。


 20位・讃岐には絶対に負けられない、もし・・・もしも負けることがあったら。


 そんなことはないと思うので17日は安心して大分銀行ドームへ。


 今シーズン初のナイター、17日こそ勝っておいしいビールを。


 


 






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。