トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

長野戦、痛恨の敗戦

 大事な試合、負けてしまいました。体調等考慮し、前々泊までして万全の体制で臨んだのに。
 映像は、スカパーのマッチデー・ハイライトで少々。
 前半は、相手に押し込まれながらも、修行のセーブ等で何とか無失点、八反田の惜しいシュート等有り互角の戦い。
 後半、得点のほしい長野は、前半以上に前掛かり、大分陣地に攻め込む、大分は相手の思うようなパス回しに翻弄されDF陣が寄せきれず、痛恨の失点。
 岩田の欠場が痛いかな。
 その後も、惜しいチャンスが何度もあったみたいだが、時間の経過と共に相手が引いて守る、守備が堅いので、相手の守備をこじ開けて得点するのは難しい。
 結局、無得点のまま0:1で負け。力負けの閑がある。
 この敗戦で栃木との勝ち点差5、鹿児島とは勝ち点46で同じ、富山、長野も迫ってきている。
 J2昇格には、このまま負け続けるわけにいかない、監督が今回の敗戦は全て自分の責任といっているので、次の盛岡戦まできっちり修正してほしい。
 残り5試合一つでも負けたら終わり、監督・選手を信じ、しら真剣応援するのみ。
 
 ただ、今回の試合で気に残るのは、終了間際の後藤のCK、あれはあんまりだピッチがどうあれ、一番大事なときに。
 
 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。