トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

FW後藤の2ゴールでFC岐阜に2:1で勝利

 現地に参戦できず、DAZNで試合観戦。


 多くのトリサポが現地に参戦、有り難いことだ選手も意気に感じ勝利をつかむしかない。


 しかし、前半はFC岐阜に一方的に攻められこれは厳しい試合に、システムも岸田をサイドバックに下げ4:4:2のシステム。


 だが、風下でそれなりの戦いができていたし危ない場面もあったが、ゴールを割らせることもないので、後半は何とかなるかなと。


 岐阜は、今シーズンから指揮を執る大木監督のサッカーが浸透したのか、大分を上回るポゼッション(ボールの保持)且つ、ビルドアップ(組み立て)大分が得意とするサッカーを上回り何とも言えない。


 前半は風下で不利な条件の下、何とか0:0:で終了。


 後半は風上、有利に試合を運べる。


 大分が主導権を握り有利に試合を進めていく、案の定17分、31分後藤のゴールで2:0。


 これで勝利、安心して観戦していると、37分福森のスパーヘデングシュートが決まり2:1に。
 
 オウンゴール何とも言えない。


 それ以降、岐阜の怒濤の攻撃にトリニータ守勢の一方、何とか守りきり勝ち点3GET。


 勝って良かった。


映像は、DAZNから、長良川陸上競技場。 

コイントス。

大分トリニータ先発メンバー。

試合開始。

岐阜のサポ。

大分トリニータのサポ。

後藤のゴール。

両チーム健闘を称え合う。

勝利の報告にトリサポの前に。

勝利者インタビュー、2ゴールあげた後藤。

勝って喜ぶトリサポと選手。

試合データ。

今日の試合結果を受けての順位表。

 13日(土曜日)はホームで名古屋グランパス戦、勝てば勝ち点で上回る。


 前半戦の大事な試合、何とか勝利して夢を繋いでほしい。


 岐阜戦、現地に参戦したトリサポの皆さんお疲れ様でした。


 九州の誇りトリニータ。


 勝つぞ。



 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。