トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

闘莉王対策は、京都サンガFC戦を前にスポパへ

 昨日降った雨もすっかりあがり、多少風があるが過ごしやすい穏やかなスポーツ公園。


 湘南戦の勝利の余韻か、練習を観戦に来ているトリサポたちの表情も明るく、毎日を気分良く過ごしていることと思う。


 湘南戦は、監督の戦術・選手の起用がズバリ、危ない場面もあったがトリニータの繋ぐサッカーで1点を守りしっかり勝ちきった。


 GKからボールを回し繋ぐ時ボールを持ってあたふたして、危ない場面があったが今では相手のプレスに対し体の入れ方、ボールの持ち方が上手くなりそれなりに安心して見ていられる。


 練習を見ていてもはっきり感じる。


 京都戦まで後2日、京都は現在19位・2勝2分け5敗・勝ち点8しかし、侮れない特に闘莉王、DF登録だが、最近ではFW起用で5得点他にも13番、31番、30番。


 難しい試合になると思うが今のトリニータは、相手云々より目指すサッカーを貫いてほしい。


 勝ち負けは時の運。


 練習風景等画像を少々。


今日の練習場は、だいぎんサッカー・ラグビー場Aコート。

普段の練習は同じ目線で見ているが、今日は少し上から見れるので見やすい。
選手が続々とピッチに。
ちなみにピッチ1番登場は、背番号2・ぐっさん。

全員でストレッチ。

国分、岩田、川西、ソンス。

武内、大津、山口、古手川、坂井(達)等。

川西、ソンス、鈴木(義)、黒木、前田。

湘南戦大活躍の川西、表情も明るい。

3組に分かれての実践練習。

選手自身を持って練習。

GK練習、吉坂コーチの大声で。

攻撃の練習。

守備の練習。




 練習を見ていて、選手全員声を出しチームの雰囲気は非常にいいただ、怪我人が増えているので心配もあるが。


 京都戦から町田戦まで4週で6試合過密日程、怪我のないように練習でやったことを自信を持って試合に臨んでほしい。


 今の時期これ以上怪我人が出ないことを祈る。


 29日はG裏でしっかり応援。


 勝つぞ。


 







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。