トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

70歳・運転免許更新に必要な 高齢者講習に

 11月5日が運転免許更新日、昨年の11月5日で70歳になり高齢者講習の受講が生じたので大分自動車学校に、人ごとみたいに思っていたが自分もこの年に。


 講習日 10月17日  講習時間は13時から15時までの2時間。


 講習内容は、① テキストによる安全運転の為の一般講義 ② 視力検査(動体視力・夜間視力等)③ 運転技能テストの3項目。


 13時からの受講者は9人、3人3組に分かれての受講。


 高齢者ばかり色々あったが、全員順調に講習を終え、講習終了証明書を受領。


大分公安委員会からの高齢者講習通知書。

講習終了証明書。

 今回、70歳を過ぎ免許更新時に義務づけられた高齢者講習を受講、免許を取って50年、講習は免許更新の時受けていたが、高齢者の為の講習を受講し、これまでの講習とは違い法令、運転マナー等について改めて考えさせられた。


 高齢者だけでなく年齢を問わず、節目節目(たとえば免許を取得し10年毎とか)に講習を実施すれば今、巷で起こっている事故等は防げるのではないかと思う。


 後は、終了証明書と免許更新通知書をもって大分県運転免許センターにいけば視力検査を受けるだけで免許証が交付される。


 手数料2,500円が必要、 高齢者講習は4,650円。


 今日の講習を無にしないように安全運転を。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。