トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

天王山 首位・松本山雅FCとの一戦を前に スポパへ練習見学

まずは前節、千葉戦で勝利に貢献した三選手から。


FW27・三平、先制点と勝ち越し点を、ご子息が誕生し一段と気合が、今季9得点。

藤本、1得点1アシスト、今季12得点。   やっと体調が戻った星、久々の得点。

        

今節も頑張ってほしい。



 前節、千葉に「4:2」と勝利、暫定ではあるが2位に浮上、厳しい試合が続く中、目標を定め心を一つにして戦う選手、選手の意気込みはとスポーツ公園へ練習見学に。


 スポーツ公園B駐車場で久々にKさんと、先に来ていたMさんと3人で練習場へ。


 練習場へ到着すると選手はもうグランドに、シニアサポ仲間とあれこれ話しながらながら練習を見学、気合が入りすぎる選手、試合に出たいがために懸命に頑張る選手、ボールを持つ選手に抜かれまいとスライディング怪我をしなければと心配に。


 この大事な時期、怪我だけはしてほしくない。


 監督、コーチ、選手は一丸に、選手は監督・コーチの声に応え、選手同士お互い声を掛け合い順調に練習をこなしていき無事練習を終了、終了時間は11時。


 全員、仕上がり順調、期待も膨らむ。



練習風景等画像を少々。


今日のスポーツ公園の上空、雲一つないさわやかな青空、選手も気分よく練習が。


練習開始を待つ選手。

集合との掛け声でコーチ・選手が足早に円陣を。

監督の話に聞き入る選手。         メディアも見つめる。

       

練習開始はランニングから。

パスの精度が悪いので、パス練習を。

気合十分。                怪我が心配。

       

練習終了。

居残り練習、パスミスが多い丸谷、コーチとパス練習。

ゴールキーパー陣も居残り、シュート練習に参加。

選手へのインタビューを見入る見学者。

インタビューを受けた三選手。
藤本。           三平。           馬場。

        

 残り4試合、前節千葉戦に勝利しJ1自動昇格が現実味に、ここからの4試合「松本」「横浜」「金沢」「山形」と強敵揃い、厳しい試合が続くが何とか全勝で終えてほしい。


 今節の相手は首位松本、前半戦はアウェイで「4:1」と勝利、この試合で反町監督よほど「岩間」の一発レッドカードでの退場が悔しかったのか、いつになく冷静さを失い審判に抗議・批判の連発、今節はその悔しさを払拭しようと気合を入れてくる。


 首位、松本のここまでの成績は勝ち点70、19勝13分6敗、得点52・失点33と堂々の1位。


 フォーメーションは大分と同じ3:4:2:1で守備は堅い。


 警戒する選手は、FW7・前田、MF8・セルジーニョ、MF20・石原、FW38・元大分の永井、特に前田、足が速いし決定力もある、前田とセルジーニョは怪我の噂もあるが三味線かも、しっかりマークしてほしい。


 J2リーグも終盤に、泣いても笑っても後4試合、目標達成のためにも「心を一つに」頑張ってほしい。


 頑張れトリニータ。


 「 最後まで お付き合いいただき 感謝 」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。