トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

愛媛FC戦 これが実力か 好機に決められず 手痛い黒星 

第18節 大分トリニータ VS 愛媛FC戦


試合終了「0:1」愛媛FC勝利。              画像はDAZNから抜粋。

今シーズンホーム初勝利、喜ぶ愛媛FCの選手、餌食になったのはトリニータ。

監督就任初勝利の川井監督。

ホームでの勝利に「勝」のゲートフラッグを掲げ喜ぶ愛媛のちびっこサポーター。
無残掲載ご勘弁を。



 豊予海峡対決、カップ戦を捨て主力を温存し、リーグ戦一本に絞って臨んだが。


 山口が勝ち、福岡が勝ち負けたら首位を陥落する絶対に負けられない一戦。


 大分の布陣は、うまく機能せず敗戦を喫した大宮戦と同じ、松本怜を左ウイングバックに起用し、右に岸田を、今シーズン松本怜は右ウイングバックが主戦場、福森が傷んだのか刀根を左サイドバックに、右にソンスを。


 試合は大分ペースで進むものの、決定的チャンスにシュートは吹かせ枠に行かない、雨のピッチもう少し考えてシュートをうてば、締まりのない面白くもなんともない試合。


 前半、終了間際から愛媛がペースをつかむ、後半に入っても愛媛の攻めが続く、エリア内に攻めこまれる、耐えきれず宮阪がファール、何もこぼれたボールを手で触ることはないのに。


 PKを決められ「0:1」に。


 宮阪に替え川西を、ソンスに替え國分、馬場に替え清本を投入し反撃に出たが再三のチャンスも決められず「0:1」で試合終了。


 無残にも完封負け順位も、3位に後退。


 負けは仕方ないが、もう少し気持ちの入った試合をしてほしかった、そう思ったのは私だけか。



試合会場・ニンジニアスタジアム。

試合開始前両選手

 主審は西村雄一、遠い昔大分がJ1全盛のころ、サイドバックの上本大海にとんでもない暴言を吐いた憎き審判また、大分の選手に暴言を吐かなければいいが。 

トリニータの先発メンバー。

円陣を離れさあと、気合十分。

大分のセットプレー。

前半終了。

大分のコナーキック。
全く得点の気配すらしない、蹴ったボールは山ボールほとんど相手がクリアー。

痛い敗戦、苦悩する片野坂監督の心境は。

応援席に足を運ぶ、川西と、後藤。

負けて寂しく、応援席を片付けるコアーサポター。

 5月のリーグ戦はこれで1勝1敗、残すは3試合、強豪揃い。


 16日がアウェイで松本、23日はホームで福岡、30日がアウェイで徳島戦このままずるずるいかなければいいが。


 練習方法等再考し、試合での問題点をしっかり修正してほしい。


 ほんとに悔しい敗戦、勝てる試合はきっちり勝たなければ。


 頑張れトリニータ。


 最後まで  お付き合いいただき  感謝。


 


 



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。