トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

横浜戦 再三の好機に決められず引き分け 5連勝を逃す

 試合終了を告げる長い笛の音「1:1」の引き分け。


 第9節、横浜FC戦との一戦、立ち上がりから相手にボールを持たれ激しく攻められ苦しい展開、前半25分ペナルティーエリア内で相手の攻撃に耐えきれずDF5・鈴木が相手を倒しPKを献上。


 キッカーはイバ、自身得点の大半はPKでの獲得、そのイバが決め横浜が先制「0:1」


 大分は守備に追われボランチがボールを収めることができず、ゲームを組み立てられない、連携もうまくいかず防戦一方、何とか踏ん張り1点でおさえ前半終了。


 後半頭から川西を投入、川西がボールをうまく収め流れは大分に、後半8分うまくボールを保持し左サイドから星がゴール前へクロス、ボールが右サイドに流れる、右サイドを駆け上がった松本怜がうまく合わせシュートきれいに決まり「1:1」の同点。


 その後も再三チャンスを作るも、FW陣が決めきれずに試合終了。


 勝てる試合は、勝ち切りたい残念。



画像を少々。 
おんせん県おおいたの足湯、大勢の観客が楽しんでいた。

今日の大分銀行ドーム。
気温も低く冷たい北風が、日が差している時はいいが影ってくると寒かった。

ピッチに散水。

横浜FCの応援スタンド。

両チームの練習風景。

世界の三浦、久々に来県・出場はあるのか。

他の選手と違い花がある。

熊本、大分での大震災で被災者された方々の冥福を祈り黙祷。
(地震は2年前の4月16日)

試合開始前、両チーム円陣。

先発メンバー。

大分の攻撃。

川西を投入。

本日の入場者数「8,102人」

試合終了「1:1」

試合終了後、応援席へ挨拶に向かう横浜の選手。

メインスタンド前で観客に挨拶。

 5連勝はならなかったが、何とか引き分け勝ち点1を獲得、負けないことが一番。


 第9節終了・5勝3分け1敗、勝ち点18・順位は2位、勝ってたら首位だったのに。


 次の試合は22日、アウェイでツエーゲン金沢との一戦、横浜戦では2~3人の選手に覇気がなく疲れが見えるのでしっかり休養し準備してほしい。


 今週は色々忙しいが、2回は練習見学に行きたい。


 今から片島神社にお礼参りへ。


  
 最後までお付き合いただき感謝。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。