トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

横浜FC戦・終了間際伊佐の劇的GOALで・勝ち点3獲得

 1:1でアディショナルタイム、このまま引き分けで終わるのか、流れは大分なのにと思っていると右サイド古手川からニアへクロス、後藤がコースを変えてシュート相手DFにあたり伊佐の前に・すかさず伊佐シュートそのままゴール、伊佐の勝ち越しゴールで1:2で勝利・勝ち点3ゲット。


 横浜戦、前期18節はホーム・大銀ドーム「2:1」で勝利目前アディショナルタイムにPKを与えイバに決められ2:2の引き分け、悔しい思いをした。


 今節は1:1の同点でアディショナルタイム突入、残念引き分けかと思っていると「90分+2分」に伊佐の劇的ゴール「1:2」で勝利、何とも言えないうれしさ、これだからトリサポはやめられない、横浜のサポは悔しいと思う。


 試合内容も終始大分ペース、前期の全般的なミスもしっかり練習で修正、守りは武内を中心に流動的に5:3:2で守り、古手川を一枚下げ守備的に起用、全員で守り相手の攻撃的選手に仕事をさせなかった。


 特に武内、イバを封殺、イバはイライラ。


 攻撃も両サイドを上手く使い相手を崩しチャンスも再三、残念なのは決定力の乏しさだけ。


映像はDAZNから抜粋。
ニッパツ三ッ沢球技場。

トリサポ。
全国から参戦したトリサポに感謝。

大分トリニータ先発メンバー。

選手入場。

前半7分、三平のGOAL.

前半終了、1:1。

横浜の攻撃。

試合終了「1:2」大分勝利。
伊佐と怜。

練習の時から絶好調だった伊佐、受け答えも上手い。

ゴール裏コアサポが「怜」の結婚を祝して横断幕を作成。

全国から横浜まで足を運んだサポに勝利の報告。
感謝。

試合データー。

 横浜に勝ち勝ち点41、目標勝ち点45あと4点。


 順位も暫定6位、名古屋対愛媛戦を残すのみ、名古屋が勝っても7位。


 次の試合は11日ホームで町田戦、しっかり準備し、今回の試合みたいに守備から入り流動的にシステム等変更し闘ってほしい。


 選手は酷暑の中で闘う、しっかり休養し練習等で怪我のないことを祈る。


 台風5号が九州に上陸のおそれ、大分市の花火大会は順延、私も今から台風に備えベランダを片づけよう。


 余談になるが今回のような試合の勝ち方をすると、ビール等お酒がとてもおいしい、昨夜は少々飲み過ぎた。


 これからもおいしいお酒を飲ませてほしい。


 


 



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。