トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

 東京ヴェルディ戦「無策で0:2」完敗 

 なんとむなしいことか、威勢良く応援したのは試合開始から15分間、16分・9番ドウグラスに先制点を奪われこれで終わりか、先制点を奪われると決定力が無いので逆転は難しいでも、気を取り直し応援を。


 応援むなしく前半26分、またも9番ドウグラスに追加点を奪われ、あ~あ。


 前半は0:2で終了。


 今節はホームでの戦い、平日にもかかわらず大勢の観客が、逆転を狙って後半開始からメンバーを交代し点を取りにと思ったがそのまま。 


 後半はお互い点が取れず「0:2」で終了。


 大津を投入しパワープレイの方が良かったかなと。


 試合内容がお粗末、選手の距離感が悪くパスが通らない、パスミスはする、相手の素早いプレッシャーにも対応できずボールを奪われる、走り負ける、時折チャンスをつかむがシュートが枠に飛ばない、楽しましてくれる何処ろかストレスが、疲労感だけ残る。


 駐車場に向かっていると、お盆に帰省しトリニータの試合を見に来たが、試合がおもしろくない、前の方が良かったもう来ないと。


 この敗戦で順位も12位に後退、上位との勝ち点差も開く。

画像を少々。
大分銀行ドーム。
試合会場はすばらしい。

ヴェルディの応援団。
少人数だがまとまりがあり声もよく出てた。

ビッグフラッグがゴール裏を覆う。

先発メンバー。

ハーフタイム、ぺンライトで場内を照らす。
1,000本の販売、少なすぎたかな。

6,440人の入場・お盆明けの平日開催すばらしい。

先発メンバー。

ゴール裏へ足を運ぶ選手、ゴール裏サポから罵声が。

 今節の敗戦で6月17日、第19節カマタマーレ讃岐戦で勝利して以来、湘南・水戸・町田・東京とホームでの勝利なし、それでもサポは足を運ぶ。


 後3日でアウェイ・京都サンガFC戦、京都は勝ち点36で16位、難しい試合になるとは思うがこの試合に勝利し上昇のきっかけにしてほしい。


 試合まで、練習時間も少ないしっかり悪い部分を修正し試合に臨んでほしい。


 ネット観戦で力いっぱい応援する、頑張れトリニータ。


 
 


 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。