トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

今シーズンもあと残り14試合「大分」のJ1自動昇格は

 今シーズンも早いもので42試合の2/3、28試合が終了し残り14試合となってきた。


 各チームの順位、夏の補強等で戦力は多少は異なるが、現在上位にいるチームの順位はよほどのことがない限りそう大きな変動はないかと、「数字遊び」で我トリニータのJ1への自動昇格の可能性を数字で表してみた。


 28節終了時点での首位は「松本」で勝ち点56、成績は16勝8分4敗、残り14試合をこれまでの成績の勝率で最終勝ち点を予想すると。


 28試合    率   残り試合数 率    勝敗   42試合        勝ち点
  16勝  0.571  14×0.571=8勝  24勝    72点
   8分  0.286  14×0.286=4分  12分    12点
   4敗  0.143  14×0.143=2敗   6敗     0点
                                                                                                                         84点
  最終予想勝ち点は84点となる。


 「大分」の勝ち点が28試合終了時点で50、84の勝ち点を得るためには14試合で34点が必要となる。


  大分の28節終了時点での成績は15勝5分け8敗、率で表すと、
    15勝 0.536
     5分 0.179
     8敗 0.285 となりこのままの率でいけば残り14試合を8勝3分3
   敗となり、勝ち点27点で合計77点となる。


   14試合で34の勝ち点を得るには11勝1分け2敗で終えなければならない。


 また、現在4位の「福岡」の勝点が46、この勝ち点は26試合でのもの、未消化2試合を連勝で勝ち点を52と伸ばし、その勝率でシーズンを終えれば「福岡」が上位になり、数字上では「大分」は非常に厳しくなる。


 しかし、勝負は水ものやってみなければわからない、J1昇格のチャンスはそう再三あるものでもない、まだまだ直接対決も残っているチャンスを最大限生かしJ1に昇格してほしい。


 数字遊びはここまで。


 
スポーツ公園へ練習見学に。

スポーツ公園の上空、雨雲はないが時折雨がパラつく。 

前節、岡山戦では途中出場ながら2得点と大活躍のFW9・後藤、ボレーシュートは素晴らしかった。

  

8時50分、選手が続々と練習グランドに。

  

練習開始は軽いランニングと柔軟体操から。

   

給水タイム。

選手各々給水を。

  

守備の練習。

   

攻撃の練習。
ここで広報から公開練習はここまで、時計を見ると9時40分、少し早いのではと思ったが決めごと、練習場を後に。

   

新加入のDF2・ウィリアン・エンリケ・アントゥネス、ボチボチ試合に出てほしいがまだ無理か。

 後2日で東京V戦、前半戦の第4節はホームで「0:0」の引き分け、東京Vのここまでの成績は12勝9分7敗で勝ち点は45、順位は6位と好調を維持している。


 警戒する選手は、FW9・ドウグラス、FW’・アラン、MF8・内田、GK21・元大分の上福元、特に警戒する選手は10得点をあげているドウグラス、しっかりマークしてほしい。


 大分もシステムを3:5:2に変更、スリーボランチがはまり攻撃等にも幅ができ得点力も向上。


 これからの一戦一戦しっかり準備し試合に臨んでほしい。


 頑張れトリニータ。


 片島神社に必勝祈願を再開したら3連勝、連勝記録を伸ばしてほしいので18日は必勝祈願に。


 最後まで お付き合いいただき 感謝。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。