トリニータ談話

トリニータの試合、練習風景、趣味等日常生活で感じたことをそのままに・・

FW 9・後藤優介 来期は大分で真のエースに

 始めに、「後藤優介選手」自由気ままに書かせて頂き、ご勘弁を。


 
 後 藤 優 介   ポジション:FW   背番号:9  
            出 身 地       鹿児島県
           1992年  4月23日  25歳  既婚
           170cm     体重69kg
          
 2012年、大分トリニータUー18からトップチームに昇格。
 FWとしては小柄で余り高さに強くないが、裏に抜ける一瞬のスピードが特徴。


7月8日 湘南ベルマーレ戦で大分FCが配布したマッチデーステッカー。

後藤選手、今シーズンの成績。(数字に間違いがあったらお許しを)


◎1 出場試合数:41試合
◎2 出場時間:3,663時間
◎3 得点:17得点
            (参考) 今期のチームの成績   17勝 13分け 12敗


◎4 17得点の内訳
   ●得点試合数:12試合 ●無得点試合数:29試合 ●得点試合率:0.293%
   ●得点勝敗数:勝ち試合:6試合 ●負け試合:5試合 ●引き分け試合:1試合             
   ●シュート数:102本 ●得点:17点 ●得点率:0.167%
   
◎5 引き分け12試合の内訳とシュート数及び得点。 
   ●0:0  4試合   7本(2・2・0・3)     無得点
   ●1:1  5試合  10本(3・2・2・1・2)   無得点
   ●2:2  2試合   5本(3・2)         無得点
   ●3:3  1試合   5本(5)           1得点
    注1:(試合毎のシュート数)
    注2:引き分け試合は13試合、第23節・引き分けた愛媛戦に出場なし。


 個人の成績としては申し分ないが、チームのエースとしての働きは十分にあったか、勝利に貢献したか。


 ゴール数は17得点とチーム2位の9得点をあげている伊佐に大差をつけているが、3試合で8得点をあげるなど得点能力はあるが、対戦チームにより好不調が。


 上記◎1~◎4に記載しているように41試合出場し12試合で17得点、残り29試合は無得点。


 ◎5の引き分け12試合ではシュート29本で1得点。


 結果として他チームのエースと呼ばれる選手と比較して試合数、シュート数に対する得点率が低い。


 本人もインタビューでコンスタントに得点をあげなければいけないと。


 確かにゲームの中でGKとの1対1をはずす、フリーでシュートを打っても枠に行かないクロスバー・ポストに嫌われる、再三のチャンスをことごとくはずしてきた。


 来期、大分で真のエースになるためには、後ろの選手が苦労してボールをもって上がりクロス、センタリングをあげてチャンスを作ってくれているので、確実にチャンスをものにし信頼される選手に。


 今のサッカーFWの選手も守備ができなければ試合にでるのは難しい、相手に体を寄せしっかり詰める守備をしてほしい。


 他チームからオファーがあるかもしれないが、大分に残り真のエースになってくれることを期待したい。


 来期が楽しみ。




   後藤優介 俺たちの ゴレアドール  後藤優介 奪え ウルトラゴール



 


 


 








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。